NPO法人の連携組織であった「東上線NPOネット」を母体として、平成25年に「一般社団法人 地域連携プラットフォーム」として法人化しました。(前身の組織から含めると、10年以上の運営実績があります。)

地域内における、就職支援および創業支援、また地元組織(企業やNPO等の各種団体、公的団体も含む)の活性化を定款にうたっています。
平成26年度からは、国の支援を受けて「創業スクール」を開催。当初は一般社団法人としての独自開催でしたが、28年度からは、志木市および志木市商工会と連携して、多くの創業者(起業家)を輩出してきています。

就職支援活動としては、「就職支援セミナー」を定期的に開催し、最近では「業界研究セミナー」や「就職のためのメイクアップ講座」など、そのバリエーションを増やしています。

方、地元の企業向けの支援活動を実施し、最近では「セルフ・キャリアドック」制度の普及啓発活動を中小企業向けに展開しています。

代表者・柴田郁夫は、職業訓練実施施設の代表者を、10年近く務めており、キャリアコンサルタントとしての実績は、大学助教授・准教授時代の経験も含めて20年近くに及びます。国家資格キャリアコンサルタント資格(取得時は標準レベル・キャリアコンサルタント資格であるCDA資格)、2級キャリアコンサルティング技能士、および1級キャリアコンサルティング技能士をすべて、初回の受験で取得し、受験対策講座も平成27年度から行ってきています。

一般社団法人 地域連携プラットホーム代表 柴田郁夫

一般社団法人 地域連携プラットホーム代表 柴田郁夫