通学カリキュラム

理論を学ぶ講義以外にも、グループワークやキャリアの棚卸しなどのワーク作業、カウンセリングのロールプレイなどの演習時間が豊富に設けられており、実践的な体感型の授業となっております。

1日目
オリエンテーション、キャリアコンサルタントの役割・活動、基本的な技能

2日目
キャリアに関する理論、相談過程において必要な技能

3日目
カウンセリングに関する理論、相談過程において必要な技能

4日目
キャリアに関する理論、相談過程において必要な技能

5日目
仕事に関する知識、相談過程において必要な技能

6日目
人事管理および労務管理の知識、相談過程において必要な技能

7日目
労働関係法令・社会保障制度・学校教育の知識、相談過程において必要な技能

8日目
メンタルヘルスの知識、ネットワークの認識および実践、基本的な技能

9日目
キャリア形成およびキャリアコンサルティングに関する教育・普及活動、ネットワークの認識および実践

10日目
ネットワークの認識および実践、基本的な技能、習熟度評価試験

講習テキスト

毎回、講師が用いるスライド(パワーポイント)での講習内容を、まとめて印刷したものです。300枚ほどのスライドがカラープリントされ製本されています。

授業の予習、復習に最適です。

費用は受講料のなかに含まれています。

養成講習(追加)配布資料

キャリアコンサルタント養成講習では、適宜、演習として、ご自身のキャリアの棚卸しなどの作業(ワーク)を行うようになります。

そのためのワークシートや、また上記のテキスト類を、補足する資料類を配布資料としてお渡し致します。(データをお渡しするので、印刷する場合はご自身でお願いいたします)

費用は受講料のなかに含まれています。

通信課程における添削用問題(集)

キャリアコンサルタント養成講習は、1日8時間×10日間の「通学課程」と、自宅で学習を進めて頂く「通信課程」から構成されています。

「通信課程」では、自宅学習で、200問の問題に回答して頂きます。4回にわけてのご提出となりますが、ご提出いただいた回答は、添削をしてご返却致します。

費用は、添削にかかる費用も含めて、受講料のなかに含まれています。

添削用問題の回答と解説

上記の「通信課程」での問題の回答と解説です。原則として、添削した問題をご返却するときに、お渡し致します。データをお渡しするので、印刷する場合はご自身でお願いいたします)

費用は受講料のなかに含まれています。

参考図書:キャリアコンサルティング理論と実際(木村周先生著作)

講習を受講する際に必須ではありませんが、木村周講師の著作『キャリアコンサルティング理論と実際』はキャリアコンサルティングを学ぶ者にとってバイブルとも言われる書籍ですので、ご紹介いたします。

キャリアコンサルタントになるための項目が、よく整理されて網羅的に記載されているもので、初版は平成9年に刊行されましたが、その後、最新の情報を入れ込む形で、度々、増補改訂版が出されていおり、第5回目の改訂版は平成30年11月に1刷が出版されました。

木村先生は弊校の養成講習の立ち上げにも関わってくださり、初期の頃には授業にも登壇頂いておりました。

令和3年にご逝去されましたが、その後、本作は下村英雄先生が引き継いで大幅に加筆修正され、令和4年5月現在は、6訂版が出版されています。