木村 周 (きむら しゅう)講師

東京教育大学(現・筑波大学)教育学部心理学科卒業。旧労働省入省(心理職)、職業安定行政(ハローワーク、都道府県、労働省)において職業指導、職業紹介、雇用政策の実務、行政研究所(現・労働大学校)において行政職員研修などに30年余携わる。職業指導研究部長、労働研修所主幹などを歴任。
その後、筑波大学教授(心理学系)として、大学、大学院(教育研究科修士課程)において、職業心理学、職業カウンセリング、産業心理学を担当。
厚生労働省「キャリア・コンサルティングに係る試験のあり方研究会」(座長)など各種委員会委員を歴任。日本産業カウンセリング学会会長、日本カウンセリング学会名誉会員、人材育成学会、産業・組織心理学会会員。現在、日本産業カウンセリング学会特別顧問。
[主な著作]『キャリア・カウンセリング』(社)雇用問題研究会、『新版老年心理学』(編著)朝倉書店、『キャリアの再チャレンジ』(編著)ブレーン出版、『産業カウンセリング辞典』』(編著)など多数。

~『キャリアコンサルティング理論と実際(4訂版)』より~
[参考URL]http://www.npocsn.jp/event-kimurasyuu090726.htm
http://www.koyoerc.or.jp/assets/files/435/all.pdf

諏訪 康雄(すわ やすお)講師

1970年一橋大学法学部卒業。ボローニャ大学留学を経て、1977年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程を単位取得、満期退学。その後、法政大学社会学部専任講師、同助教授、ニュー・サウス・ウェールズ大学客員研究員、ボローニャ大学法学部客員教授、法政大学社会学部教授、法政大学大学院政策科学研究科教授、トレント大学法学部客員教授などを歴任後、2008年法政大学大学院政策創造研究科教授。
2013年法政大学退職、同大学名誉教授。2013年中央労働委員会会長。

[主な著作]
『雇用政策とキャリア権~キャリア法学への模索』弘文堂、『法律学小辞典(第4版増補版)』(共編著)有斐閣、『労使コミュニケーションと法』日本労使関係研究協会、『雇用と法』放送大学教育振興会、『労使紛争と法』日本労使関係研究協会 など多数。
[参考URL]http://www.im.i.hosei.ac.jp/IMHP/Event2008/08bs/SuwaYasuo.pdf


木村 進 (きむら すすむ)講師

人材資源開発センター代表。日本キャリア学会会員。1946年生まれ。1970年パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社入社、人事本部、採用研修スタッフを経て、1980年株式会社アイデム入社。「求人案内」営業担当として多数の企業の採用に携わった後、専務取締役営業本部長、グループの派遣会社社長を歴任の後、アイデム「人と仕事研究所」設立、所長を務める。2006年学習院大学経済学部経営学科特別客員教授としてキャリア・デザイン教育を促進する。2010年満期退職、引き続き講師を務める。学習院女子大学講師も兼務。
[主な著作]『キャリア・デザイン』中央経済社、『成功する「再就職:完全ブック』PHP研究所、『ビジネス・キャリア検定試験・標準テキスト人材開発2級』(共著)中央能力開発協会 他。

 

直江 文子 (やおえ あやこ)講師

長年にわたり人材派遣会社に勤務。管理部門にて派遣スタッフの採用・研修・人材育成に携わる。その後、公益社団法人全日本断酒連盟の事務局に約13年勤務。平成25年株式会社彩人材教育を設立、代表取締役。メンタルヘルス・依存症・ビジネスマナー等のテーマの研修活動を行うほか、執筆・講演活動に活躍中。GCDF‐JAPANキャリアカウンセラー、2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)、産業カウンセラー(一般社団法人日本産業カウンセラー協会)、メンタルヘルス教育トレーナー(中央災害防止協会)

[主な著作]『依存症からの脱出~酒を断つ!そこにある苦しみと喜びと~』北辰堂出版

 

柴田 郁夫 (しばた いくお)講師

1956年東京生まれ。1979年早稲田大学理工学部建築学科卒業、1981年同大学院建設工学研究科修了。民間企業にてマーケティング調査・企画・シンクタンク業務を経験後、1987年独立。現在、株式会社志木サテライトオフィス・ビジネスセンター代表取締役社長。1997年より青森大学経営学部助教授および准教授、2007~2009年度は同大学客員教授。

1988年、日本初の職住近接オフィス「志木サテライトオフィス」プロジェクトに参画。以来(社)日本サライトオフィス協会(現在の日本テレワーク協会)客員研究員などを務め、日本におけるテレワークの普及と研究に20年以上関わる。日本テレワーク学会にも創設期から関わり2007~2008年には代表(会長)を務める。

2001年からシニア層とSOHOによるコミュニティビジネス起こしの場として「NPO法人東上まちづくりフォーラム」を設立して代表(理事長)。2007年埼玉県・団塊世代活動支援センターと協働で「ビジネス助っ人隊」を立ち上げる。

2006年、沿線のNPO法人をネットワークした「東上線NPOネット」を立上げ、その中に雇用推進委員会を設けて学生と地元NPOや中小企業とのマッティング、シニア層の仕事創出事業等を行う。その活動は2013年の「一般社団法人地域連携プラットフォーム」の設立に結びつく。

[主な著作]『SOHOでまちを元気にする方法~自治体との協働ガイド』ぎょうせい、『PI(パーソナルアイデンティティ)を理解すれば時代の面白さが見えてくる』(共著)PHP出版、『キャリア・ダイナミックス2』(共著)亀田ブックサービス 他。