国家資格キャリアコンサルタントのご取得は、合格サポートの充実した、 「一般社団法人 地域連携プラットフォーム・キャリアコンサルタント養成講習」 での学習を、ぜひご検討ください。6/30開講コースは、どこよりも早く安価に(税込24万円)修了する事ができます。詳しい日程等は「お申し込み」ページよりご確認ください。

受講して資格取得する利点

キャリアコンサルタントとは

●仕事の悩みを解決する専門職
キャリアコンサルタントは、就職や転職、仕事を巡っての様々な悩みを抱えた相談者に、カウンセリングを行って支援する専門職です。最近ではメンタル面での相談も多くなっています。

●対象者は多数。信頼される相談者となる
対象者は、企業の従業員だけでなく、学生から主婦、シニア層までと幅広く、また小中高校生もキャリア教育や進路指導などで、支援の対象となります。

●研修講師や会議のファシリテータとしての活躍
企業や各種団体などの組織を元気にするのも、キャリアコンサルタントの仕事です。従業員にカウンセリングを行うだけでなく、企業研修の講師となったり、会議をファシリテートする役割も担います。

年々需要が拡大、国も後押し

●2024年には10万人のキャリアコンサルタントを創出
キャリアコンサルタントは、2017年現在では、まだ数万人の水準ですが、国はあと数年の間にこれを倍増しようとしています。

●メンタルヘルスケアに取り組む企業は年々増加
メンタルヘルスの不調を訴える人は年々増加しており、その点だけをみてもキャリアコンサルタントの活躍の場は広がっていきます。

●一般企業、就職支援施設、教育機関など就職先も豊富
企業の人事・総務をはじめ、人材派遣会社、紹介会社、メンタルヘルス関連の支援企業など企業への就職口も豊富。ハローワーク、若者支援施設、ジョブカフェ、障害者支援施設などの就業支援施設。また教育機関への就職にも有利な資格です。

●将来が有望な、名称独占資格(就職にも有利)
2016年度から、国がキャリアコンサルタントを国家資格化し、それ以降、「キャリアコンサルタント」や「キャリアカウンセラー」という名称は、資格者だけが使える名称独占資格となりました。「コンサルタント」や「カウンセラー」という名称が使える唯一の国家資格です。

受講するメリットの高い方

●人に貢献したい方、人を助けたいと思っておられる方
キャリアコンサルタントの仕事は、人を支援し、人に喜ばれる仕事です。カウンセリングの技術を身につけて、人を助ける仕事、貢献する仕事をしたいと思っている方には最適です。

●カウンセリングや実践的な心理学をしっかりと学びたい方
カウンセリングについては精神分析カウンセリングや認知行動療法などをはじめとして系統的に学べます。すでに学んでおられる方も、キャリア理論とのつながりで復習となるでしょう。この講習では、理論と並行してカウンセリング実技を身に付けます。
心理学については、発達心理学をはじめとして、より実践的な心理学が学べます。自分自身を見つめる機会ともなります。

●転職、新たなキャリアのために資格取得を考えている方
今までのキャリアとは異なったキャリアを作るために、新しい学びにチャレンジしたい方には、最適の資格です。今後伸びる需要に対応した、成長性の高い、新しい資格がキャリアコンサルタント資格です。

●“生涯現役”で一生働き続けたい方
キャリアコンサルタントは、一生続けられる仕事です。経験が積み重なる事で、より円熟していく職能とも言えます。人事労務や研修部門にいた方はもちろんですが、そうでない方も、もちろん対象です。キャリアコンサルタントで一生働き続けられるセカンド・キャリアを創造できます。

●研修講師やコンサル業などで独立を考えている方
キャリアコンサルタントのスキルの中には、研修講師や、人事・経営コンサル業を行えるスキルも含まれます。他の講習機関では、あまりこうした点が強調されていませんが、私たち一般社団法人 地域連携プラットフォームには「創業スクール」を長年やってきたノウハウもあります。それらも踏まえてご支援ができる体制やプログラムを有しております。

●人を雇っている方(マネージ・スキルを上げたい方)
キャリアコンサルタントになる為に身に付ける「傾聴スキル」の高まりから、多くの人が、周囲の人の話を良く聴けるようになります。経営者がキャリアコンサルティングを学んで、従業員との関係が劇的に変わったという例もあります。新しい時代の組織運営原理が、ここにある、と言っている人もいます。

●全般的に人間関係をよくしたい方
人の話をよく聴く姿勢や力が身につくことで、格段に対人関係が改善します。実際、キャリアコンサルティングを学ぶ過程で、夫婦間の確執がなくなった、という例も多々あります。相手に対しての“共感力”が身に付く点も特徴です。

●営業力、コミュニケーション力、質問力などのビジネス力を身につけたい方
企業が採用したい人材の必須要素は“コミュニケーション力の高さ”だといいます。それは営業力にもつながるビジネススキルです。さらにカウンセリングの実技演習を通じては“質問力”も高まります。一生役立つビジネススキルが身に付くという点では、若いビジネスマンや学生にも有効な学びと言えます。

●子供たちの教育、特にキャリア教育に関心のある方
キャリアコンサルタントが扱う分野には、“キャリア教育”があります。小学校から高等教育に至るまでのキャリア教育の指針を国が策定してもいます。そうした分野に関心のある方には、いい学びの場となります。

講習の特徴

0.通常の受講価格291,600円を、24万円に優待。
募集期間が短かった事から、この6月30日開講コースにつきましては、受講料を優待し、約2割減額して24万円(税込)と致しました。通常よりも5万円以上安価になっており、大臣指定講習の中では、全国でも最も低価格ではないかと思われます。日程の詳細はこちらのページから、また優待内容の詳細はこちらのページからご覧ください。
1.他にはない手厚い「合格サポート制度」。確実に国家資格を取得。
およそ週1回の通学コース(10日間で計80時間)とは、別に、1日7時間の「受験対策講座」を開催。1日あたり21,600円の「受験対策講座」が、講習受講者は4回無料で受講できます。(合計86,400円分が無料)
また、もしも国家資格の初回受験で不合格となった場合、さらにもう4回分を無料受講でき、さらに2回の個別試験対策(通常1時間7,560円)も無料で受けられます。(全合計で187,920円分が無料となります)優待内容の詳細はこちらのページもご覧ください。

2.講師陣は1級キャリアコンサルティング技能士(※)と大学名誉教授。
講習主催団体の代表は、まだ日本に300名弱しかいない1級キャリアコンサルティング技能士(※)・柴田郁夫。同じく1級技能士の田代幸久と2名で担任講師を務めます。両名とも長年この分野の実践を行っている者です。
また、使用する教科書の著者である木村周先生(元・筑波大学教授)や法政大学名誉教授の諏訪康雄先生が講師となります。両名とも、この分野では知らない人のいない超一級の学識経験者。直々に講義をします。
他にも、メンタルヘルスや社会保険関係の専門家・実務家等が講師を務め、最強の講師陣と言えます。
(※) 1級キャリアコンサルティング技能士:国家資格キャリアコンサルタントの上位資格として位置付けられている、国家検定の2級キャリアコンサルティング技能士、さらにその上の指導者レベルとされるのが「 1級キャリアコンサルティング技能士」。

3.通信講座の内容が充実。「学科試験」対策が万全。
通学講座と並行して、自宅学習の通信課程があります。時間的な余裕をもって無理なく回答して頂くことで、自然と「学科対策」ができます。問題とは別冊子となっている「回答と解説」も内容が充実。学科試験は50問中35問以上の回答で合格となりますが、安心して試験に臨むことができるようになります。

4.通いやすい駅前教室。池袋からも直通23分。
駅の改札から1~2分で教室まで着ける便利さ。埼玉県在住の方はもちろんですが、池袋から東武東上線準急で23分(乗り換えなし)、渋谷からも最速で36分という立地ですので交通の便の良さは抜群です。

5.欠席時の救済措置もご用意。
通学については10日間(80時間)のうち、16時間までは休んでも救済措置を用意。もしもどうしてもそれ以上休んでしまった場合には、その分を次回講習(3ヶ月毎に開講)で受講可能。もちろん無料です。今回のコースに関しては、別途「補習」の日程を組むことも考えています。

6.資格取得後の就職支援や独立支援も充実。
実務経験に長けた講師陣が多く、就職支援の実績もありますので、様々な進路をご提示できます。また、キャリアコンサルタントとして独立開業する(フリーランスになる)方にも対応。例えばフリーのカウンセラーになる方や企業に対してのコンサルタントや研修講師、ファシリテーターになっていかれる方向けの支援プログラムも用意しています。

Q&A

●実際に勉強することはどんなことですか?
・大きく分ければ、「学科」と「実技」となります。
・「学科」ではカウンセリング理論とキャリアコンサルティング理論、労働関係の法制度や社会保険労務の知識、メンタルヘルスの知識と対応、キャリア教育、職業倫理などを学びます。講義も行いますが、自宅学習で問題を解き「回答と解説」を読むことで知識が確実になっていきます。
・「実技」では、面談(カウンセリング)が一人でできるように、実践的な演習を順を追って行っていきます。体験的にカウンセリング手法を体得していきます。

●国家資格試験は、どのようなものですか?
・年4回実施され、「学科試験」と「実技試験」に分かれています。
・学科試験は、50問の四肢択一(4つの選択肢から1つを選ぶ)問題を100分で解くもので、35問以上の正解で合格となります。
・実技試験は、「論述試験」と「面接試験」の2つを受けます。
・「論述試験」は、学科試験と同一日に実施され、記述式で、数問程度の設問に50分で回答します。
・「面接試験」は、15分間のカウンセリングを、審査員2名の前で行う試験です。相談者役は審査側が用意します。
・実技試験は150点満点で90点以上が合格ライン。但し「論述」で満点の40%以上、「面接」では、たとえば「傾聴」といった項目の各採点項目のそれぞれが満点の40%以上になることが条件となります。

●この講習を受けないと国家資格は取れないのですか?
・国家資格の受験資格は、キャリアコンサルタントとしての実務経験が3年以上となっています。(詳しくは、こちら)そうした要件にあえば受験できますが、そうでない場合は、この講習のような厚生労働大臣が認可した「指定講習」を修了する必要があります。

●資格試験の合格率はどのくらいでしょうか?
・学科試験の合格率は、試験の回によってばらついてはいますが、最近では50%を超えており、平均しても50%弱といったところです。実技試験の合格率は、60%超といったところです。詳しい数字などは、こちらをご覧ください。

●教科書などの教材はどのようになっていますか?
・すべてが、一括して、講習代に含まれています。この講習の講師でもある木村周先生(元・筑波大学教授)が執筆した『キャリアコンサルティング理論と実際』をはじめ、各種教材は、第一日目が始まる前までに、郵送でご自宅にお送りする形が、原則となっております。

●受講料の分割での支払いや値引きはありませんか?
・他の厚生労働大臣認定の「指定講習」と比べると、私たち一般社団法人 地域連携プラットフォームのキャリアコンサルタント養成講習は、もっとも低い講習代に抑えられているはずです。それは主として都心部での講習ではないといった点に由来しています。
・分割での支払いにも応じておりますが、最低支払金額を月2万円としております。現状では、金利は取っておりません。但し、振込の場合には振込手数料は、負担して頂いております。また下記の値引きも、5回払いまでの方にしか、適用しておりません。(6回以上の分割払いの方には値引き特典はありません。)
・受講料の値引きにつきましては、無料説明会にご参加されその場でお申込みされた方につきまして優待値引きをしておりますが、今回は、ネット申込等でも一律24万円(税込)まで値下げ優待をしております。

●クレジットカードでの支払いはできますか?
・できます。但しクレジットカード支払いの場合には、原則お支払い金額の3%分の金額が上乗せとなります。また分割は2回払いまでとなります。今回のコースについては個別にご相談ください。